地方都市なら安い・旨いは当たり前

大自然の田舎暮らしが希望の方は別ですが私は決して仙人のような生活を提案しているのではありませんし菜食主義やミニマリストでもありません。たまには、息抜きに夜遊びにも行きたいし・繁華街で遊んだりもしたいと思っているただの凡人です。

首都圏を例にすると六本木や渋谷・新宿・銀座・赤坂など東京だけでも沢山の繁華街があって更に近郊には、神奈川であれば川崎・関内・中華街、埼玉であれば大宮・浦和など数えればきりがないほどあります。このように都心と比較してしまえば確かに規模はとっても小さいですが、札幌にはすすきの、仙台には国分町、名古屋には栄、福岡には中洲などがあり他の地方都市にも楽しい街はあります。そして地方ならでは各地の地元名産品・特産品が札幌ならカニやジンギスカン、仙台なら牛タン、名古屋は手羽先、福岡なら明太子や博多ラーメン・・・旨いものが多々ありまして書いているうちにヨダレがでてきます。

先日、用事があり東京に行きましたがこんなに違ったのか!!と驚いてしまいました。中級程度のお店に入ってそこそこの値段でしたが刺身ははっきり言って・・・

スポンサーリンク

食材が新鮮・安い・旨いのが地方移住最大のメリット

私が支払うことができるようなプライスのお店では、今後、東京にいる間に刺身を食べたいとは思うことは無いでしょう。理由としては、おいしい刺身を食べられるお店は沢山あると思いますが安くて旨いお店は数少ないと思います。ところが地方では飲食店でなく普通に地元のスーパーにある鮮魚売り場で刺身のパックを買っても近海で獲れた地魚が安くてメチャ旨いのです。私は刺身が大好きなので「刺身が旨い・安い」だけでも地方移住したメリットは大いにあったと思いました。おかげで飲むこともついついすすんでしまいますが・・・

物理的な距離の問題が大きいのでしょうが、やはりトラックの燃料代や高速代の運送料で価格は上がってしまうのでしょう。技術は日進月歩で進化しているのでしょうが輸送している時間で鮮度は下がるのではないかと私は思っています。鮮度を取れば航空貨物を利用すると思うのでコストが掛かってしまうのでしょうね。間違っていたら関連業界の方ゴメンナサイ。

さらに地方都市の中心部に住んでいたとしも車で1時間も走れば豊かな自然に出会えますので、例えアウトドア大好き派で無くても癒される風景に出会えますよ。もちろん湘南の海も好きでしたが綺麗な海を見ると心は洗われます。繁華街も自然も選ぶ都市では両方同時に手に入れることもでき、あなたにぴったりのバランスがとれた街がきっと見つかります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク