ウィークリーマンション・貸し別荘でプチ移住して不安解消

地方移住で「ゆったり」「のひのび」とした生活に憧れる一方、出張や転勤の経験が少ない方は移住を検討するにあたり不安もあると思います。住み慣れた土地から知り合いも無く縁もゆかりも無い土地で果たして生活していけるのか?ストレスフリーの生活を目指していたが実際に住んでみたら田舎の近所付き合いなどの閉塞感でかえってストレスを抱えたりしないのか?冬の厳しさが想像以上で耐えられないのではないか?

実際に行動に移す前にインターネットや移住相談窓口である程度の情報は収集できますが、時間や資金に余裕があれば事前に現地近くへプチ移住することを是非お勧めします。

過去に旅行で訪れた時に好印象だった土地も実際に住んでみるとギャップが大きいこともあり「こんなハズではなかった」と後悔することの無いように慎重に準備が必要です。特に長距離の移住であった場合は、仮に移住を諦めて元の生活の場所に戻る場合の引越し代は大きな出費となります。特に沖縄を候補としている方は絶対に事前のプチ移住でシュミレーションをしてください。見切り発車でもスムーズに進む場合もありますがリスクは高いですよ。

住めば都と言うものの移住後の生活を想像して実際に自分達の目で肌でいろいろと感じることが何よりの決定のための重要な情報となります。しばらく住めば移住前に親しく話せる知り合いと出会える場合もありますよ。逆に「自分達には少し合わない地域かな?」と感じればこの段階であれば移住先の変更も簡単にできます。

また、単身者であればあなたが決断するだけですが家族がいる場合は特に妻の説得がハードルが高いと思われます。普段から地方移住が夫婦共通のテーマとなっていればよろしいですが
「何を突然言い出すの?現実逃避しないでよ!!私は絶対嫌よ!!」
と言われないためにもプチ移住は絶好のプレゼンテーションの場として重要ポイントとなります。くれぐれも地方移住が元で夫婦の絆に深い亀裂を作らないようにしてください。

スーパーまでの距離・品揃え・相場や病院のロケーションなどの確認はもとより子供がいれば学校の場所などについても確認しておく必要があります。それぞれのライフステージ、移住目的に合わせて優先順位を決めて納得するまで確認してください。場所によっては今までは徒歩で済んだ簡単な買い物もクルマが必需品となる場合もあります。公共交通機関を利用予定なら路線バスのバス停、ルート、時間のチェックをしてください。自家用車を利用予定でペーパードライバーの方であればまず運転に慣れることから始める必要もあります。

移住予定地の状況によって以下の二つのプチ移住が代表的な方法となります。

スポンサーリンク

地方都市

まずウィークリーマンションを利用して体験移住してみてはいかがでしょうか?多くの物件は7日間から契約できて物件により設備は異なりますが最低限の家具やカーテン、冷暖房・電化製品などは揃っているので契約すればすぐに生活できると思います。ネット回線も完備している物件であればPCを持ち込めば仕事も通販も今まで同様の環境で対応できます。
ビジネスホテルとは違い当然自分で掃除やゴミ出しをしなければなりませんが、日中も部屋にいても自宅同様PCの作業などに没頭できます。まさに生活を体験できます。
北国出身で無い方は特に冬の札幌など厳しい天候のエリアを検討されている場合は、観光客目線では無く現実として雪と向かい合って自分は生活できるのか?体験してください。現実は都会育ちにとっては尋常ではない寒さです。完全移住する前に最も厳しい天候の時期に体験移住することをお勧めします。

料金は通常の賃貸契約と比べ割高に感じると思いますが
敷金・礼金・仲介手数料・保険などは不要
家具・家電製品は備え付けで準備不要
清掃代の請求はありますが管理費・原状復帰費は不要
などのメリットがありますので短期であれば確実にお得です。

スポンサーリンク

賃貸

田舎暮らし

移住希望エリアや近隣に貸し別荘・リゾートマンション(コンドミニアム)があるかまずは調べてみましょう。物件によって異なりますがウィークリーマンション同様に最低限の生活用品は揃っていますのですぐに生活は始められます。
観光・遊びの目線である旅行と実際に生活していく目線では全く異なる視点になります。自然と生活のバランスが自分の目的に合ったエリアなのか周辺環境含めてチェックしその土地に馴染めるのか判断してみてください。
スーパーやホームセンター、ガソリンスタンド、病院、学校の位置など実際に生活する場合を考えて下見してください。下見中にその土地ならではの美味しい料理と出会うこともありますよ。東京でも食べれると思いますがハッキリ言って食材の鮮度が違います!!そして安い!!

後になって後悔しないためには是非、事前のプチ移住を実行して不安に思うポイントについては一つ一つ潰してクリアにし本格的な移住の準備を進めていきましょう。
きっと移住して良かったと思う風景や生活に出会えストレスフリーになりますよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク